薄毛改善に第一類薬品使用や病院での薬の処方や植毛

薄毛に悩まされている人にとってどういった方法で症状を改善させるかは極めて大切なことです。その薄毛を生じさせた原因によっても対処法は異なるでしょうし、また費用の面でも予算にあわせた手法を選ばねばなりません。たとえばいちばん身近な例だと、薬局などで買い求めることのできる育毛剤を使ってケアを行う方法があります。

この時、注意したいのは育毛剤といっても様々なものがあることです。中でも第一類薬品に類別されるものは薬剤師のいる薬局やネットショップでないと購入することはできず、取り扱いの厳しいものとなっています。その分だけ第一類薬品は使用法によって副作用が生じる恐れがあり、適切な指示が必要となるのです。とりわけミノキシジルを配合した育毛剤は頭皮の毛細血管を拡張させて血流量を高めて栄養分の供給量を増やすので低血圧の人は血圧が下がり過ぎて重篤な影響を及ぼす危険性があります。

一方、病院での薄毛治療ではこういった第一類薬品に関係なく医師の処方により効果の高い医薬品を手にすることができます。専門の病院では頭皮の汚れを除去する施術を行ったり、AGAの飲み薬や塗り薬を処方したり、栄養分や成長因子を注射するような施術も展開しています。

そしてもしも薄毛が悪化して頭皮の毛乳頭などを包み込む毛包がすでに失われているようであれば、専門病院で行える植毛などの施術が必要となります。最近では頭髪と変わらないほどの精密な人工毛を使った植毛も人気ですが、これだと1年や2年ほどで抜け落ちてしまうのでその度に植え替えが必要です。一方、健康的な部分の自毛を毛包ごと採取して薄毛の部分に植毛する施術だと、遺伝子的な整合性も高いためにそのまま順調に定着して育っていくことが期待できるでしょう。